KNTオリジナル 庄原モニターツアーのご案内

解放感あふれるリゾート地に滞在しながら「仕事」と「休暇」を両立させる新たなライフスタイルとして昨今注目されている「ワーケーション」。
新型コロナウイルス感染症拡大を受けたテレワークの急速な普及と地方回帰への関心の高まりを受け、長野県が従来から取り組む「信州リゾートテレワーク」を推進する契機となることが期待されています。そこで、ワーケーションに興味関心を持つ都市部の企業やフリーランスの誘致を図るため、「ワーケーションの現在の動向」や「宿泊施設に求められていること」などを学ぶセミナーを開催します。

信州リゾートテレワーク推進事業 ワーケーション導入セミナー開催のご紹介

日程
2021年1月26日(火)14:00~16:30を予定
開催方法
オンライン配信(無料)
対象者
宿泊事業者、旅行会社、自治体

パンフレット(PDF形式)のダウンロードはコチラ

プログラム内容(第1部)14:05 ~ 15:00

内容

「ワーケーションの現在の動向」
「首都圏フリーランスの方々がワークに求める空間」

講師

一般社団法人 日本テレワーク協会 主席研究員 大沢 彰(おおさわ あきら)
〈プロフィール〉
1989年日本電信電話(株)入社。国際通信事業立ち上げに従事。
事業再編でNTTコミュニケーションズ所属。マネージドサービス事業立ち上げ、情報セキュリティ事業推進、社会課題向けアプリケーション企画開発を担当。2018年より現職。ワーケーション、地方でのテレワーク、テレワークのマネジメントを専門に調査、研究に従事する。日本テレワーク学会会員。

プログラム内容(第2部)15:05 ~ 16:00

タイトル

「宿泊事業者が取り組むワーケーションプランの実例紹介」

内容(1) 15:05 ~ 15:30

「OkuWork誕生・発展の背景
~なぜワーケーションに取り組み、プログラムをどのように発展・展開してきたか~ 」
  

〈講師〉: 株式会社ズイカインターナショナル(ホテルグランフェニックス奥志賀経営会社)
      取締役副社長 田島 伸浩(たじま のぶひろ)
〈プロフィール〉
1978年東京都生まれ。2019年より現職、ホテルグランフェニックス奥志賀の経営・運営に携わる。ワーケーションを推進する中で、自ら東京と長野の二拠点生活をし、テレワーク・ワーケーションを積極的に実践する。前職では営業、経営企画、海外事業、開発・事業計画などに従事。

        

内容(2) 15:35~16:00

「『本棚のご用意』~宿のかんたんなワーケーション取り入れ~」

〈講師〉:公共の宿 梓水苑
     支配人 吉田 益文(よしだ ますふみ)
〈プロフィール〉
1970生。長野県警から観光業(観光公社&旅館業)に飛び込む。振興公社にて梓水苑の開業、後に安曇野市ほりでーゆ~に転籍し広報・企画・営業を行う。(同時期、市観光協会 広報企画宣伝部 部長も委任兼務)。H27 エア・ウォーター㈱より新指定管理者として集客が低迷する梓水苑の経営再建を一任される。出戻りながら、2年で地元と県内観光業の連携や新規事業を活力に宿の黒字化を達成。(現)梓水苑支配人

プログラム内容(第3部)16:05 ~ 16:20

内容

「旅行会社におけるワーケーション推進の取り組み」 KNT-CTホールディングス株式会社

お申し込み

申込締切日

2021年1月21日(木)17:00

お申込みはこちらから