コロナ禍での新たな旅行スタイル『いば旅あんしん割』

新型コロナウィルスの変異株による感染の急拡大に伴い、
『いば旅あんしん割事業』が変更となります。

<事業停止に係る措置(1月26日09:00時点)>※今後、変更になる場合がございます

①新規予約の停止

2022年1月22日(土)午前0時以降の全ての新規予約を停止

②経過措置

既に予約済みの取扱いについては以下のとおり。
千葉県、埼玉県からの方:まん延防止等措置の公示日【1/19】⇒割引適用は1月26日(水)の宿泊まで
茨城県、栃木県からの方:まん延防止等措置の公示日【1/25】⇒割引適用は2月1日(火)宿泊まで

③経過措置以降

割引適用されない。

④事業停止に伴う予約キャンセルの取り扱い

直前の取消に伴うキャンセル料が発生する場合は事務局の求める証跡を精算時に提出できれば、キャンセル実額を補填(利用者への直接補填はしない)。
ただし、2月10日(木)までに予約を取り消した場合に限る。


参加事業者を引き続き募集します。

「地域応援クーポン」が使える店舗として参加を希望される事業様は、こちらよりご登録ください。

地域応援クーポン
利用登録につい1

本事業の目的

  • 「新型コロナウイルス感染症の検査」と「旅行」を紐付けた、新たな旅行スタイルを推進し、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図ります。
  • 旅行者も安心、事業者も安心の「いばらきモデル」を提案します。

感染拡大による事業停止の取扱い

  • 新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては事業が停止する場合がございます。

「いば旅あんしん割」の適用条件

①支援対象
茨城県民で国の「ワクチン・検査パッケージ」通用のための証明(電子でも可)が可能な方
 
②支援内容
茨城県内の対象宿泊施設への宿泊旅行を割引支援します(同一旅行で2泊分まで)
旅行期間中に対象店舗で利用できるクーポン券を付与します。
※すべて税込
日帰りまたは宿泊旅行(※)
1人(1泊)当たり(税込)
割引支援 クーポン券付与
10,000円以上 5,000円 1,000円券×2枚
6,000円以上10,000円未満 3,000円
3,500円以上6,000円未満 1,500円
3,000円以上3,500円未満 1,500円 1,000円券×1枚
③実施時期
  • 旅行代金支援・地域応援クーポン券配布

    2022年1月14日(金)~2022年3月10日(木)宿泊分

    2022年3月11日(金)チェックアウト分まで

「いば旅あんしん割」の割引適用

割引内容
日帰りまたは宿泊旅行(※)
1人(1泊)当たり(税込)
割引支援 クーポン券付与
10,000円以上 5,000円 1,000円券×2枚
6,000円以上10,000円未満 3,000円
3,500円以上6,000円未満 1,500円
3,000円以上3,500円未満 1,500円 1,000円券×1枚
例1)2021年6月20日に、2021年7月1日から1泊2日・1人3万円の旅行を2人分予約した。
1人につき1万円(計2万円)の宿泊代金割引があります。
ただし、宿泊対象期間外のため、地域応援クーポン券は付きません。
例2)2021年7月1日に、2021年8月10日から3泊4日・1人1万5千円の旅行を10人の団体で予約した。
しかし、10人のうち1人は検査を受けていない。
当事業は1旅行につき2連泊まで適用できます。

9名様は、1人1泊1万円×2泊分(計2万円/9名分で18万円)の旅行代金割引となります。

また、1人2千円×2泊分(計4千円/9名分で3万6千円)の地域応援クーポン券も付きます。
(有効期限は8月10日から2連泊分の12日までとなります。13日はお使いいただけませんのでご注意ください)

ただし、検査を受けていない(陰性判定の通知がない)1名様に関しては割引適用できず、クーポン券もお付けできません。

例3)2021年8月5日に、2021年10月1日から2泊3日の旅行をAホテル(1泊1人2万円)、10月3日から1泊2日の宿泊をB旅館(1泊1人1万円)に、それぞれ2人分を予約した。
この場合、2連泊と1泊の旅程となりますので、Aホテル・B旅館の両方で割引を受けることができます。
  • Aホテル:1泊1人1万円の割引(計2万円/2名で4万円)
  • B旅館 :1泊1人1万円の割引(2名で2万円)

それぞれの宿泊に地域応援クーポン券も付きます。

  • Aホテル宿泊分:1人1泊2千円(計4千円/2名で8千円)有効期限:10月1日から3日まで
  • B旅館宿泊分 :1人1泊2千円(2名で4千円)    有効期限:10月3日から4日まで

宿泊日ごとにクーポン券の有効期限が異なりますのでご注意ください。

対象期間
  • 旅行代金支援・地域応援クーポン券配布

    2022年1月14日(金)~2022年3月10日(木)宿泊分

    2022年3月11日(金)チェックアウト分まで

対象者
茨城県(各県民であることを身分証等で現認してください。コピー等は不要です)
対象商品
募集型企画旅行商品、受注型企画旅行商品、手配旅行、その他宿泊旅行商品(同一旅行で2泊分まで ※日帰りも対象となりました)
  • 換金性のあるものを組み込んだ宿泊旅行プランは対象外です。(クオカード、商品券等)
  • 制度趣旨に則った商品造成をお願いします。
対象地域
茨城県内旅行・茨城県内宿泊施設旅行・宿泊施設
但し、国の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置、分科会の提言においてレベル3以上と判断された場合、または茨城県が停止と判断した場合は本事業の停止とします。
検査費用は自己負担です。支援はありません。
キャンセルの取り扱い
各種検査を自己負担で受診し、検査結果が陽性だった場合、支援額を上限に旅行キャンセル料を補填します。(受診したことが確認できる書類のコピーが必要です)
※陽性者本人のみが対象であり、同行者が取得した場合は補填されません。
  • 陽性者本人のみが対象であり、同行者が取得した場合は補填されません。
  • 換金性のあるものを組み込んだ宿泊旅行プランは対象外です。(クオカード、商品券等)
  • 制度趣旨に則った商品造成をお願いします。

全体スキーム図

全体スケジュール

  1. ①事業参加申込書の提出
  2. ②事務局にて審査後、登録決定(いばらきアマビエちゃん登録必須 ※但し県外旅行事業者を除く)、配分割当通知
  3. ③配分割当額の予算範囲内で商品販売
  4. ④申込受付時、またはチェックイン時に新型コロナウイルス感染症検査結果や各種検査で陰性であることを証明する書類を確認してください。コピーは不要です。
    あわせて茨城県民であることを身分証明書等で確認してください(現認で結構です)※コピー不要
  5. ⑤決められた提出スケジュールに則って実績報告書(付帯書類添付)を提出してください
    実績報告書と実績が証明できる書類(領収証コピーやお客様と手交した支援金額が明示された引受書、申込書、請求書など)
  6. ⑥受領後、不備や不正が無いか審議。結果を茨城県に報告。協議後、締切日から30日以内に指定口座に送金

参加資格

(1)宿泊事業者

以下の条件にすべて該当するものとします。

(1)茨城県内で事業を営むもので、旅館業法(昭和23年法律第138号)第3条第1項に規定する許可を受けた者。ただし,風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第6項に規定する店舗型性風俗特殊営業を行う者を除く。
(2)申込受付時またはチェックイン時に、ワクチン接種または陰性証明及び身分証等を確認できる仕組みがあるもの。(コピーは預かる必要はありません。目視のみの確認で可)
(3)「いばらきアマビエちゃん」に登録していること
(4)感染が拡大した場合に本事業を停止することに同意できること。

(2)旅行業者

以下の条件にすべて該当するものとします。

  • (1)旅行業法(昭和27年法律第239号)に基づく旅行業の登録を受けており、茨城県内または隣接県に営業所を置く旅行業者
  • (2)申込受付時、または旅行実施時に、ワクチン接種または陰性証明及び身分証等を確認できる仕組みがあるもの。(コピーは預かる必要はありません。目視のみの確認で可)
  • (3)OTA(Online Travel Agent)専業業者ではないこと。
  • (4)感染が拡大した場合に本事業を停止することに同意できること。

参加申込み・支援金割当

(1)参加申込書について

  • 随時、募集しております(事務局宛に原本をご郵送またはご持参ください)
  • ※審査の上、決定通知をお知らせします
  • <送付・持参先>
    「いば旅あんしん割」事務局宛
  • 住所:〒310-0015 茨城県水戸市宮町2-4-33 小林ビル2階
  • <電話番号>:029-225-1016 
  • 平日10時~16時 土日祝・12/29~1/3休業 
  • <メールアドレス> ibaraki-shukuhaku@or.knt.co.jp
  • ※土日祝は休業のため、その期間に郵送頂いた書類は翌営業日の確認となります。
  • ※誤送信の防止のため原則、FAXでの受付は行っておりません。

(2)参加申込時の提出書類について

  • 各種必要な書式は、「いば旅あんしん割」ホームページ下段に表示されている「申請書類」からダウンロードしてください。
    <交付申請書一式>
    ①交付申請及び参加申込書(様式第1号)
    ②誓約書(様式第2号)
    ③いばらきアマビエちゃん宣誓書 (宿泊事業者のみ。旅行事業者は不要です)
    ※以上の書類を各1部提出してください。(原本各1部)

(3)支援金の配分割当について

茨城県及び事務局が決定した支援金の配分割当は、あくまでも支援予算の目安です。当初はこの割当額の範囲内で商品造成や宿泊プランをご設定 ください。販売実績報告で事務局が販売できる見込みがないと判断した場合、支援金の配分割当を減額する場合があります。減額した分は、事務局が判断した時点で販売見込みのある事業者に再配分を行います。

(4)支援金の配分割当が足りなくなる場合について→販売実績報告の提出が必要です!

当初の割当額が消化見込みになった場合(割り当てられた割引原資の総額が足りなくなる見込みの場合)、事務局にご連絡ください。その際、様式第6号の実績内訳シートを原則提出していただきます。ただし、割引原資総額の残りによっては追加配分できない場合もありますので予めご了承ください。
※おおよそ8割方、消化見込になったら追加配分の依頼を挙げてください。

旅行商品の販売条件・表示方法について

宿泊を伴う旅行商品

茨城県内の宿泊施設での宿泊を伴う、①募集型企画旅行、②受注型企画旅行、③手配旅行が割引適用となります。

割引対象となる旅行料金に含められないもの

割引対象となる旅行料金に含められないもの

①換金性の高いもの
・金券類(商品券、クオカード、図書券、宿泊券、旅行券、ビール券、切手、収入印紙 等)
・旅行会社(販売箇所)以外で払い戻し手続きをとることで割引前の金額の返金を受け、
 不正に割引金を受給することができるもの
 (パックツアーに含まれていない鉄道の普通乗車券・特急券・回数券 等)

②上記の他事務局が対象商品として適切でないと認めるもの

<2泊3日で隣接県と茨城県でそれぞれ1泊する旅行商品の取扱い>

例えば1泊を栃木県、1泊を茨城県とする場合は茨城県に宿泊する1泊分のみが割引対象となります。
旅行商品の1泊分の料金が明確に分けられない場合は、適用除外となります。
なお、隣接県に宿泊する1泊分について、当該隣接県の割引制度の適用の可否については、当該隣接県へご確認ください。
また、隣接県の割引制度が、茨城県への宿泊分にも適用される場合でも、いば旅あんしん割と併用して、茨城県への宿泊分の割引を上乗せすることはできません。(重複不可)

価格表示について

販売にあたっては、下記文章と支援後の販売価格を表示するとともに、お客様に対し旅行の申込以前に 支援金額を必ず明示してください。

記載文:「この商品は、いば旅あんしん割の支援金により、○○円支援を受けています。」

※この部分は割引内容を明記してください。

既存商品については、下記の文章を記載した書面(下記【表示例】参照)を作成し、既存商品の旅行パンフレットに挟み込むなどして取引条件の一部として取り扱ってください。

いば旅あんしん割のご案内

「いば旅あんしん割」は、コロナ禍での安全・安心な旅行を推進し、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るために茨城県が創設した支援制度です。当社では、1月11日以降にお申し込みのお客様に対し、この支援金を活用して下記のツアーを割引いたします。

1.対象ツアー

○○ツアー、△△の旅

令和4年1月14日(金)~令和4年3月10日(木)宿泊分までの出発

(令和4年3月11日チェックアウト分まで)

※ただし、3月10日までに予約完了した分のみ、適用となります。

2.割引額
※該当するツアーの割引額の表を元に作成してください
3.ご注意
  • ①抗原定量検査・抗原定性検査・PCR検査いずれかの結果が陰性であること(有効期間をご確認ください)、
     または新型コロナウィルスワクチンを2回接種済で、接種日から14日以上経過している方で、その証明書を明示できる方
  • ②割引対象は茨城県民および茨城県の隣接県です。居住所を確認できる書類を確認させていただきます。
  • ③支援金の予算に達し次第、支援金は終了になります。
  • ④旅行契約成立後のお客様のご都合によるお取消しは、割引後の旅行代金を基準として当社所定の取消料を申し受けます。
     詳しくは弊社係員にお尋ね下さい。
  • ⑤検査結果が陽性の場合、支援額を上限に旅行キャンセル料を補填します。
     (陽性本人のみ、帯同する方の取消料は補填されません)

*この書面は旅行業法第12条の4による取引条件説明書面及び旅行契約が締結された場合には同法第12条の5により交付する契約書面の一部となります。該当ツアーのパンフレットと合わせてご確認のうえお申し込みください。

旅行企画・実施:観光庁長官登録旅行業第○○○号

(株)○○○トラベル

(一社)日本旅行業協会正会員

  • 受注型については契約書面(旅行申込書・引受書等)同様、備考欄等に必ず記載して下さい。お客様が確認した旨、記載のある契約書類コピーの提出が販売実績報告書に必要です。
  • 二重価格表示にならないよう、事業登録者様で確認の上、ルール通りの表示をお願いします。

「いば旅あんしん割」事業は国の会計検査院の調査対象事業ですので、事業で使用した証票類は、報告時に提出の必要が無いものについても、支援金の交付を受けた年度の翌年度から5年間保管をお願いします。

証票の保管について

(1)事業所様で入手又は作成いただき、5年間保管が必要な証票について

宿泊内容が確認出来る、宿泊施設が発行した宿泊証明、又は旅行会社が発行する割引適用書、宿泊クーポン(控え)等は、原本の保管をお願いします。

(2)その他の証票について

その他、必要と思われる証票がありましたら保管をお願いします。

不正利用防止

(1)ノーショウ防止

同じく県内の観光支援という観点から、宿泊付フリープランを購入して、実際には泊まらない、いわゆるノーショウについても支援対象外とします。

(2)利用制限のための措置について

事業登録者等はビジネス目的、ノーショウといった本事業の不正利用を極力排除するため、ホームページ等で利用できない旨を明確に掲示すること。また、不正利用が発覚した場合、事業登録者は事務局へ通報することとし、事務局は事実を確認の上、本事業で利用した支援金の全部又は違反もしくは不正に係る部分の返還を求めるなどの措置を講じることとします。

その他

  • 事業終了後、実績報告書を提出いただきます。
  • 報告内容に間違いの無いように注意してください。
  • 実績内訳シート表紙に、報告内容に相違の無い旨、署名をお願いします。
     ※署名・捺印は支援事業者様の代表者又は、担当部署の責任者名でお願いします。
  • 事業終了時には、実績内訳シートを取りまとめて提出いただきますので、実績報告時に提出いただく実績内訳シートのエクセルデータは保存しておいてください。
  • 制度の趣旨を踏まえ、要領等で定めたルールに則った取り組みをお願いします。
  • 支援金をお客様へ還元せず、事業登録者の利益とすることは厳禁です。
  • 特定の顧客や取引先への優先販売は禁止されています。配分された予算枠の範囲内で公平に購入可能な販売方法を用いて下さい。
  • その他のご不明な点は、事務局あてお問い合わせください。
  • いば旅あんしん割についての情報は、いば旅あんしん割事務局HPに掲載します。

本事業マニュアルは、速やかな事業実施を行うため、変更される場合があります。

最新版のマニュアル等について、逐次HP等から確認をお願いいたします。

  • 募集開始は随時、受付しております。
  • 配分割当通知は茨城県と協議してお知らせします。

よくある質問とご回答です

ワクチン・検査パッケージ関係

①健康上の理由でワクチン接種できない人は無料で検査を受診出来るとのことだが、どこで検査を受診出来るのか。
現在、県感染症対策課と薬剤師協会にて検査拠点を整備しており、今後、県ホームページ等で、順次公表される予定です。
②ワクチンの有効期限の詳細をご教示ください。
ワクチンについては旅行日当日の時点で、2回目接種から14日以上経過している必要があります。例えば、2回目のワクチンを2月1日に接種した場合は、2月15日から有効となります。
(ワクチン接種日を含めて15日目が、14日以上経過している日となります)
③検査の有効期限の詳細をご教示ください。
PCR検査又は抗原定量検査は検体採取日を含めて4日以内の陰性証明が有効です。
抗原定性検査は検体採取日を含めて2日以内の陰性証明が有効です。
いずれも旅行日(連泊の場合は初日)を基準に判定します。
(例)1月22日から2連泊する場合に有効となる検体採取日
検体採取日 1/18 1/19 1/20 1/21 1/22
PCR・抗原定量 ×
抗原定性 × × ×
④ワクチン接種の確認書類とはどのようなものか。
以下のいずれかの書類(コピー、画像も可)を旅行会社や宿泊施設へ提示する
・接種時に交付される書面:接種記録書、接種済証
(接種記録の書面が1回目と2回目で分かれている場合は、2回目の書面のみで可)
・申請により交付される書面:接種証明書(アプリ)等
※併せて本人確認ができる身分証明書等の提示も必要となります。
※確認は目視での確認のみとなります。コピー等の提出は必要ありません。
⑤接種時に交付される書面を紛失してしまったがどうすればよいか。
デジタル庁の接種証明書アプリにより接種証明書を取得してください。アプリによる取得が難しい場合は、お住まいの市町村で書面の再発行についてご相談ください。
⑥陰性証明の確認書類とはどのようなものか。
県の登録を受けた検査機関や民間の検査機関が発行する結果通知書(コピー、画像、メールでの通知も可)となります。
ただし、以下の事項が記載されていない結果通知書は無効となりますので、あらかじめ検査機関にご確認ください。
① 受験者氏名、②検体採取日、③検査結果、④検査方法、⑤検査所名
※確認は目視での確認のみとなります。コピー等の提出は必要ありません。
⑦陰性通知書は1回しか利用できないのか。
有効期限内の通知書であれば、複数回は利用することは可能です。
⑧旅行日当日証明書等を持参しなかった場合、後日の提示で認められるか。
後日の提示では認められません
⑨ワクチン又は検査の確認は利用者全員分必要なのか。
以下のいずれかに該当する者以外は必要です。
・同居する親等の監護者が同伴する12歳未満の利用者
※自粛要請の対象となる場合(まん延防止措置地域に係る県またぎ移動が該当)にあっては、6歳以上12歳未満は検査は必要です。)
・修学旅行等の学校行事に係る利用者

予約関係

⑩支援対象エリアなった隣接県への旅行する場合に、いば旅あんしん割を利用できるのか。
利用できません。いば旅あんしん割が利用できるのは茨城県内の旅行となります。
隣接県への旅行については、当該隣接県の支援制度をご利用ください。
隣接県 栃木県 千葉県 埼玉県
制度名 一家族一旅行 千葉とく旅キャンペーン 旅して!埼玉割
実施期間 1/5~2/28 未定 未定
連絡先 事務局
(平日10時から17時)
028-614-7207
千葉県観光誘致促進課
043-223-2412
埼玉県観光課
048-830-3950
⑪旅行会社が、隣接県への旅行商品を造成するのに、いば旅あんしん割は利用できるのか。
利用できません。いば旅あんしん割が利用できるのは茨城県内の旅行となります。
隣接県への旅行商品を造成する場合は、当該隣接県の支援制度に参加し、ご利用ください。
⑫いば旅あんしん割地域応援クーポンは隣接県でも利用できるのか。
利用できません。いば旅あんしん割地域応援クーポンが利用できるのは茨城県内の加盟店のみとなります。
⑬日帰り旅行の対象とのことだが、どのように利用すればよいのか。
旅行会社が造成した、いば旅あんしん割適用の日帰りツアーをお申込みいただくことで利用できます。
⑭1月11日(火)より前から予約をすることは可能か。
不可。予約は1月11日の午前10時から、対象宿泊施設・旅行会社で開始します。
⑮対象施設・旅行会社へ予約すれば,自動的に割引が適用されるのか。1月11日(火)より前から予約をすることは可能か。
予約する時に「いば旅あんしん割」の利用を申し出ないと、割引は適用されませんので、ご注意ください。
⑯1月11日(火)より前に宿泊(旅行)を予約してしまったが、予約プランの変更はできないのか。
予約プランの変更の可否については、宿泊施設(又は旅行会社)の判断となりますので、宿泊施設へお問い合わせください。
⑰対象期間が3月10日(木)宿泊分までとなっているが、予約の期限はいつまでか。
予約の期限も3月10日(木)までです。
⑱予約しようとしたら、配分された支援金額が上限に達したため予約出来ないといわれた。
配分した支援金を消化した宿泊施設については、当該宿泊施設から申請があれば、追加で支援金を配分しています。一度予約出来なくても、その後予約が出来る場合もあるので、宿泊施設へご確認ください。

割引適用関係

⑲隣接県の割引制度と併用することは可能か。
併用は出来ません。
⑳Go To トラベルの割引と併用することは可能か。
併用は出来ません。
㉑旅行会社が2泊3日で隣接県と茨城県でそれぞれ1泊する旅行商品を造成することは可能か。
隣接県への宿泊旅行分と茨城県の宿泊旅行分の料金を明確に分けることができるのであれば、茨城県へ宿泊する1泊分について、いば旅あんしん割を適用した商品を造成することは可能です。
なお、隣接県に宿泊する1泊分について、当該隣接県の割引制度の適用の可否については、当該隣接県へご確認ください。
また、隣接県の割引制度が、茨城県への宿泊分にも適用される場合でも、いば旅あんしん割と併用して、茨城県への宿泊分の割引を上乗せすることはできません。
㉒連泊の制限はあるのか。
宿泊施設又は旅行会社へ1回の予約で2連泊までが上限となります。
㉓事業者や自治体が振り出す割引クーポン券や各種商品券等の金額割引券類を併用することは可能か。
併用は可能です。
「いば旅あんしん割」と「割引クーポン券・商品券」を併用する場合は、最初に「クーポン券・商品券」の割引を適用し「いば旅あんしん割」については、割引適用後の旅行・宿泊代金を基準として、割引額を算出することとなります。
※併用するかどうかは、商品を造成する宿泊施設・旅行会社の判断となります。
㉔支援対象エリアに居住しているが単身赴任のため。住民登録をしていない。このような場合でも対象となるのか。また、居住地確認の書類はどうすればよいか。
住民登録をしていない場合でも、支援対象エリアに居住していれば対象となります。
居住地の確認方法ですが、アパート賃貸の契約書や光熱水費の支払い書類等が想定されます。
㉕当ホテルでは1人当たりの室料を定めず。1室当たりの室料のみを定めているが、この場合、「いば旅あんしん割」の割引額の適用方法は。
当該室料を宿泊人数で除して、1人泊当たりの宿泊・旅行料金を算出し、適用します。例えば、1泊1室あたり5,000円の部屋を2人で宿泊した場合は、1人泊当たりの宿泊料金は2,500円となり、「いば旅あんしん割」による割引は適用されません。(1人泊当たりの宿泊料金が3,000円未満のため)

決済関係

㉖宿泊施設の決済システムが対応できないため割引前の価格(1万円)でクレジットカード決済し、差額(5千円)を現金でお客様へ返すという取扱いは可能か。
不可。1万円をクレジットカード決済し、5千円を現金でキャッシュバックするということは、実質的にクレジットカードのショッピング枠を現金化することや、実際の負担額以上にクレジットカードのポイントを取得することとなるため、認めることはできません。

税務上の取扱い

㉗「いば旅あんしん割」を利用して旅行した場合、県による支援額は課税対象となるのか。
課税対象となります。 「いば旅あんしん割」は、宿泊・旅行代金の割引相当額の給付を、宿泊・旅行事業者を通じて、旅行者に対して行うものであり、この給付は税務上、旅行者個人の一時所得として課税対象となります。(ただし、一時所得については、所得金額の計算上、50万円の特別控除が適用されることから、他の一時所得とされる金額と、「いば旅あんしん割」による給付額との合計額が年間50万円を超えない限り、旅行者個人の課税所得は生じません。)
㉘消費税の課税事業者に該当する宿泊・旅行事業者が、「いば旅あんしん割」対象の宿泊・旅行商品11,000円(消費税込)を販売する場合、その代金のうち、旅行者から現金等で6,000円受領し、事務局(県)から5,000円受領することになりますが、宿泊・旅行事業者における消費税の課税売上はいくらとなるのですか。
「いば旅あんしん割」による割引相当額の給付は旅行者に対して行われますが、旅行者は実際に収受することはなく、宿泊・旅行事業者が旅行者に変わって給付金を受領することになります。
このため、宿泊・旅行事業者が販売する宿泊・旅行商品の対価の額が変わるものではありません。(宿泊・旅行事業者が値引きを行うものではありません。)
したがって、消費税の課税事業者に該当する宿泊・旅行事業者が、「いば旅あんしん割」対象の宿泊・旅行商品11,000円(消費税込)を販売する場合、消費税の課税売上げ(税抜き)は10,000円となります。
㉙消費税の課税事業者に該当する地域応援クーポンの取扱店舗が、2,200円(消費税込)の商品販売の際に、その代金のうち、1,000円分の地域応援クーポンと現金1,200円を受領する場合、取扱店舗における消費税の課税売上げはいくらとなるのですか。
地域応援クーポンは、旅行先の土産物店等での商品代金等の支払に利用できるものとして、県から旅行者に給付されるもので、県が商品代金等の一部を負担するものです。このため、地域応援クーポンの取扱店舗が販売する商品の対価の額が変わるものではありません。(取扱店舗が値引きを行うものではありません。)
したがって、消費税の課税事業者に該当する取扱店舗が、2,200円(消費税込)の商品販売の際に、1,000円分の地域応援クーポンと現金1,200円を受領する場合、取扱店舗の消費税の課税売上げ(税抜)は2,000円となります。

お問い合わせ先

【本制度に係る事務局情報】

「いば旅あんしん割」は茨城県から委託された「茨城県宿泊促進事業事務局が運営を行います。

事務局名
「いば旅あんしん割(茨城県宿泊促進事業)事務局
住所
茨城県水戸市宮町2-4-33 小林ビル2階
電話番号
029-225-1016
メールアドレス
ibaraki-shukuhaku@or.knt.co.jp

事務局営業時間:月曜~金曜、10時~16時 (土日祝、12/29~1/3休業)

ページの先頭へ