新型コロナウイルスワクチン接種について 接種を希望される方へ

お知らせ

新型コロナウィルスワクチン接種についてのお知らせ

新型コロナウィルスワクチン接種に関する現段階での東海村接種体制についてお知らせします。
国のワクチン供給スケジュールにより、内容については変更となる場合がありますのでご理解をお願いいたします。なお、今後の詳細については随時こちらのホームページにてお知らせいたします。

目次

  • 予約について
  • 新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)申請受付を開始しました
  • 留学予定者のワクチン接種支援を開始しました
  • 高齢者施設等に勤務している方へ
  • 基礎疾患をお持ちの方へ
  • 新型コロナワクチン接種の専用相談窓口について
  • 接種費用
  • 接種回数
  • 接種対象者
  • 接種券発送時期
  • 接種開始時期
  • 接種を予定している村内医療機関について
  • 原子力災害により福島県から避難している方の接種について
  • 接種を受ける際の同意
  • 接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度
  • 関連リンク

予約について

7月29日(木)午前9時から令和3年度中に50歳~54歳となる方の接種予約を開始します。
16歳~49歳の方の予約開始時期は決定次第、順次、専用ホームページや村公式SNS等でお知らせします。
ご家族等による代理予約も可能ですので、インターネットでのご予約にご協力ください。
ファイザー社のワクチンは、原則1回目の接種の21日後(3週間後の同じ曜日)に2回目の接種を受けます。
1回目の接種の予約日は、21日後に2回目が接種できる日程で決めてください。

【予約方法】

1回目の接種希望日を以下の方法で予約してください。
2回目の接種予約は、1回目を接種した後、医療機関から指定されます(予約システムでの予約は不要)。

1.インターネット

こちらの専用ホームページから予約サイトへアクセスしてください。
※空き状況を確認しながら、予約が出来ます。
※家族や知人など、本人以外でも代理で予約をすることができます。

2.コールセンター

コールセンターは時間帯により、混み合うことが予想されます。あらかじめご了承ください。

電話番号:0570-033-271(平日9時から17時まで)。

3.新型コロナワクチン接種仮予約申込書(ファックス又は保健センター窓口で受付)

希望する日時を指定することはできません。
接種する医療機関は指定できますが、ご希望に添えないことがあります。
「新型コロナワクチン接種仮予約申込書」に希望する医療機関をご記入の上、お申し込みください。
新型コロナワクチン接種仮予約申込書は専用ホームページより印刷する、又は東海村保健センター及び役場総合窓口に備え付けています。受付後、調整でき次第、予約日等をご連絡いたします。

<申込方法>

・ファックス:029-231-7841(24時間対応)

・東海村保健センター窓口(平日9時~17時)

新型コロナワクチン接種仮予約申込書

予約方法の詳細については、「新型コロナワクチン接種案内チラシ」をご確認ください。

新型コロナワクチン接種案内チラシ(75歳以上の方用)

新型コロナワクチン接種案内チラシ(65歳から74歳の方用)

新型コロナワクチン接種案内チラシ(60歳から64歳の方用)

新型コロナワクチン接種案内チラシ(16歳から59歳の方用)

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)申請受付を開始しました

令和3年7月26日(月)から、海外渡航の予定がある方を対象に、新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始しました。
詳しい申請方法や必要書類については、こちらをご確認ください。

留学予定者のワクチン接種支援を開始しました

今夏から今秋にかけて海外留学を予定している方を対象として、ワクチン接種支援を行いますので、下記のとおりお申し込みください。

【対象者】次の条件を全て満たす方

1.今夏から今秋にかけて海外留学への出発を予定している方
2.東海村に住民票を有する方
3.令和4年3月31日時点で満16歳以上の方

【申込方法】

メールに下記の必要事項を記載のうえ、海外留学を証明する書類の写しを添付してお申し込みください。
メールのタイトルは「ワクチン接種支援申請(氏名)」と記入してください。

【必要事項】

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 生年月日
  4. 性別
  5. 留学先(国・学校名)
  6. 確実に連絡が取れる電話番号
  7. 6.の電話番号が保護者の場合は保護者氏名
  8. メールアドレス

【申込先メールアドレス】

hoken-c(アットマーク)vill.tokai.ibaraki.jp
※(アットマーク)を@に変換のうえ、送信してください。

高齢者施設等に勤務している方へ

東海村に住所があり、高齢者施設等(村外施設を含む)に勤務している方は、高齢者に次いで新型コロナワクチン接種の優先対象となります。
希望する方は、下記のとおり申請してください。 なお、事前に申請を行っていない場合は、優先して接種を受けることができません。
既に入所者と同時期に接種されている場合は申請の必要はありません。

【申請方法】専用ホームページ内の「高齢者施設等従事者届」から申請ができます。

基礎疾患をお持ちの方へ

12歳から64歳までの方で、国の指定する14の基礎疾患をお持ちで通院または入院している場合は、高齢者に次いで新型コロナワクチン接種の優先対象となります。
希望する方は、下記のとおり申請してください。
なお、事前に基礎疾患の申請を行っていない場合は、優先して接種を受けることができません。
基礎疾患をお持ちであることを証明する書類等は不要です。

【申請方法】

1.専用ホームページ

専用ホームページ内の「基礎疾患優先接種届」から申請ができます。

2.「基礎疾患優先接種届出書」(ファックス又は保健センター窓口で受付)

「基礎疾患優先接種届出書」は、専用ホームページからダウンロード、又は保健センターに備え付けています。

・ファックス番号:029-231-7841

・東海村保健センター窓口(平日9時~17時)

・基礎疾患優先接種届出書

・PDF ・word

新型コロナワクチン接種の専用相談窓口について

東海村の接種に関するお問い合わせができる「専用コールセンター」を設置いたしました。 コールセンターは時間帯により混み合うことが予想されます。あらかじめご了承ください。 また、県や国でもコールセンターを設置しておりますのでご確認ください。

お問い合わせはこちら

接種費用

無料で接種できます。(全額公費で接種を行います)

接種対象者

東海村に居住する12歳以上の方
※12歳から15歳の方の接種券発送時期につきましては、決定次第お知らせします。

接種券発送時期

国の示す順位及び茨城県の方針に従い、優先順位の高い区分の方々から接種を開始します。
接種券は優先順位が高い方々から順次発送しております。お手元に届いた接種券は接種時期まで大切に保管するようお願いします。

優先順位 区分 発送時期
1 高齢者施設入所者(施設職員含む) 発送済
2 高齢者
令和3年度中に75歳以上に達する方
発送済
3 高齢者
令和3年度中に65歳から74歳に達する方
発送済
4 高齢者以外で基礎疾患を有する方 発送済
高齢者施設等の従事者の方
5 上記以外の令和3年度中に16歳から64歳に達する方 発送済
6 12歳から15歳までの方 発送時期につきましては、決定次第お知らせします。

接種開始時期

予約開始日は決定次第、当ホームページやSNS、防災行政無線放送などでお知らせします。

優先順位 区分 接種時期
1 医療従事者等 4月から接種開始
2 高齢者施設入所者(施設職員含む) 5月10日から接種開始
3 高齢者
令和3年度中に75歳以上に達する方
5月31日から接種開始
4 高齢者
令和3年度中に65歳から74歳に達する方
予約開始日以降から順次接種開始
5 高齢者以外で基礎疾患を有する方 接種券が届き、予約が取れ次第、接種開始
高齢者施設等の従事者の方
6 令和3年度中に60歳から64歳に達する方
令和3年度中に55歳から59歳に達する方 7月15日から予約受付を開始し、予約が取れ次第、接種開始。
令和3年度中に50歳から54歳に達する方 7月29日から予約受付を開始し、予約が取れ次第、接種開始。
令和3年度中に16歳から49歳に達する方 接種開始時期につきましては、決定次第お知らせします。
7 12歳から15歳までの方

接種を予定している村内医療機関について

東海村での接種は、完全予約制で医療機関での個別接種になります。接種会場についてはこちらをご確認ください。
原則、住民票所在地の市町村にある医療機関で接種を受けてください。
住民票所在地以外の医療機関で接種を受けることができる方は以下の通りです。

やむを得ない理由により住民票所在地以外で接種を受けることができる方
  • 出産のために里帰りしている妊産婦や単身赴任者、遠隔地へ下宿している学生
  • 入院又は施設に入所している方
  • 基礎疾患があり住民票所在地以外の主治医の下で接種する方(基礎疾患の詳細については、厚生労働省ホームページをご確認ください)。
  • DVや災害等により避難している方等

原子力災害により福島県から避難している方の接種について

東日本大震災における原子力災害により福島県外に避難している方には、避難元である福島県から接種券等の必要書類が送付されます。接種の際は必ずお持ちください。
また、村内医療機関で接種を受ける場合は、事前に健康増進課(029-282-2797)へお問い合わせください。

接種を受ける際の同意

予防接種は、村民の皆様に受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。
しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただいています。
受ける方の同意なく接種が行われることはありません。 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
※職場におけるいじめ、嫌がらせなどに関する相談窓口はこちら
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html
※人権相談に関する窓口はこちら
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることが出来ます。
なお、現在の救済制度の内容についてはこちらをご参照ください。